重陽の節句

1〜10までの奇数の中で一番大きい数が、【9】です。奇数は、陽の数で良い事が開ける数とされて、いにしえから五節句の行事として、邪気を祓い、無病息災に願い、運気を高める行事です。

9月9日は、数の中で一番良い数字で、いい事が重なる一年で一番良い日、この日を【重陽の節句】と言います。

お庭に咲いている菊の花の上に綿を被せて、夜露に当てて、夜露で湿った綿に菊の香りが移り、その綿で身体を清めると無病息災で過ごせると言われます。

菊の花に綿を被せることを【着せ綿】と言います

実際には、旧暦の9月9日ですとお庭にも菊の花も咲いてますけど、今月の9日ではまだ、お庭の菊は蕾も小さいですね…今年の旧暦の9月9日は、10月28日です!