テーブルマナー


私が、子どもの頃にこんなテーブルマナー講習が有ったら良かったのに…

今日参加した子ども達は小学校3年生から中学2年生まで、ちょっと緊張していつもとは違う食事のスタイル…ナイフとフォーク・スプーンでオードブル・スープ・魚料理・肉料理・パン・デザートと一品ずつ運ばれて来る…慣れないナイフとフォークで食べるのは、なかなか難しいと言いながらも全て完食‼︎

終わってから、本当はサーモンは余り好きでは無いけど今日は、美味しく食べられた…というお子さん!コース料理ってどういうものなのか知らなかったから、美味しく食べられて良かった!食べきれるかなと思ったけど、ちゃんと全部食べることが出来て良かった!

本日、この様な機会と場所を提供して下さったシーサイドホテル江戸川の総料理長の福井さん、テーブルマナーの講師をしてくださった杉本さん、ありがとうございました。

基本的にフランス料理のテーブルマナーでは、自分の前に並ぶナイフ・フォークとパン皿・グラスの位置は、動かざるべし…左側のbと右側のdの事、自分の手で親指と人指し指を丸く作ると左手はbで右手はdに、これは左手のbはbreadのb、右手のdはdrinkのdと覚えておくと隣の方のパンを食べてしまうことはない…と目から鱗が転がり落ちた…

 

意見交換会?反省会?

茶の湯文化に何を学んだのか…その答えを見つけられたのかしら?…とちょっと不安になりなごらも、今年の夏の講演会が無事に終わりました。

人それぞれに受けた印象もあった事と思いますが、石塚先生のお話はとても楽しくて私が求めている茶の湯文化の在り方を代弁してくださったようにも思いました。

さてさて、無事に終わった講演会の後は、やはり反省会もしなければ…とラウンジでしばし意見交換会に大盛りやがり…コーヒー1杯1650円(おかわり可)を高いと見るか妥当とみるか…

楽しく過ごした反省会もおひらき…

日本人は、茶の湯文化に何を学んできたのか!

8月23日【第2回帝国ホテル夏の講演会】が開催されました。筑波大学教授 石塚 修先生による『日本人は茶の湯文化から何を学んできたのか』

先生は、講演会当初に松下幸之助さんのお話をなさいました。松下幸之助は趣味であった茶の湯は、あまり知られていないが、茶の湯の精神を新人教育に取込み、おもてなしの心を活かした社員の対応から一台で材を成し世界に誇るPanasonicになりました。

今、世界中から日本人のおもてなしの精神が注目されて来ています。それなのに日本人の私達がそのおもてなしの心に気付けない人が多くなってきているのは残念でなりません!少なくとも私がご指導させて頂く若者たちには、相手の心に残るようなおもてなしの心を伝えて行きたい!

 

陶芸家に挑戦‼︎

8月20日子ども達のイベントがありました。子ども達は皆、世界に一つだけのお茶碗作りに奮闘しています

私も、挑戦しましたが…さてさて焼き上がりが楽しみです!

お盆と精霊馬

【お盆】でご実家に帰省された皆さんも多かったのではないでしょうか?亡き人の御霊をお迎えして、おもてなしをする…日本人の文化ですね!

この、ナスとキュウリ…若い親御さん達は、お子さんにちゃんと説明出来るかな〜家のおじいちゃんは、ハイカラだからいつも車に乗ってたから…って、馬より早く帰って来れるから…って車の精霊馬はどうでしょうか?日本のお盆は、やっぱりきゅうりの馬で早く帰って来ていただき…ナスの牛でゆっくりとあの世にお帰り頂く…御霊の大切さ…今、自分が生かされてるのはご先祖様が一人として欠けていたら、自分の存在はない事…ちゃんとお子様達に伝えて欲しい日本文化です!

それにしても、このナスときゅうりの精霊馬、我が家でも環境問題のために今年から、川に流す事は止めました。さてさて、どうしたらいいのやら…

 

おくりびと

また、一人お見送りして、お別れしなければならなくなりました。

まだまだ、やりたい事も沢山有ったと思います。まだまだ、見たいものもたくさん有ったと思います。まだまだ、行きたい所も沢山有ったと思います。まだまだ・・・何度も繰り返しの闘病生活、最期まで頑張っていたのに…どんなに辛い治療にも…どんなにか辛い痛みにもあなたは最期まで笑顔でいました…あなたと知り合えてうれしかったです。

作ってみませんか!

暑い日には冷く冷やした【瓜そうめん】を作ってみませんか?

胡瓜は、ピラーで皮を剥きます。

半分に切って、薄く切ります

こんな感じに、なるべく細く…長く切ります

全体に片栗粉をまぶします。熱湯で30秒ほど湯がきます。ザルに上げて、冷水にさらし冷たくします。器に盛り付けたら、キンキンに冷やした麺つゆを掛けて、生姜のすりおろしを添えて召し上がれ…お好みで柚子胡椒を入れても美味しいです!

お子様には、生姜を乗せずにそのままで…ちょっと洋風に仕上げるなら、トマトの種の部分を乗せるとツルツル食感が、たまらないです!暑くて食欲がない時も、ツルツルっと沢山食べても、お財布にも優しいですよ!

 

blogのレッスンですけど・・・

blog公開の先輩、読み語りの長野さんに今日はblogの書き方をレッスンしていただきます。…流石、粋な殿方は暑くても涼しげに着こなして、レッスン開始かと思いきや

へ〜ン身!スマホのバッテリーが少なくなってるというのに、レクチャーしてくださいました!お忙しいのにありがとうございました。

我々の管理者様!もう一度簡単な写真の入替方法を教えてあげてくださ〜い😄

和食『飾り寿司とみそ丸』作りに挑戦

日本文化でもある『飾り寿司』と『みそ丸』作りを子ども達と行ないました。中には、手順を写真に撮って夏休みの自由研究の宿題にすると張りきって飾り寿司を作った子もいました。今から、お寿司が作れるなんて…将来は料理研究家にでもなるのかな…

みそ丸は、1杯分のインスタント味噌汁を手作りしました。意外な物を入れると意外と美味しい…お味噌汁になりました。

イベント情報

①2017年8月23日(水)
【日本人は茶の湯文化から何を学んだのか】
『先人たちのメッセージを探せ』
筑波大学教授  石塚  修先生

場所⇨帝国ホテル 本館【欄の間】
時間⇨10:00〜
会費⇨15,000円 (講演会終了後交流会あり)

② 2017年8月28日(月)
【親子で学ぶ正式午餐会のテーブルマナー】
M&Sサービスパートナー  杉本  裕先生

場所⇨葛西臨海公園内シーサイドホテル江戸川
時間⇨11:30〜
会費⇨大人6,000円  子人4,000円

(但し、大人の量を召しあがれるお子様は大人料金)
*メニューは、大人も子どもも同じものをご用意されます。
大人と子どもの違いは、お料理の量が変わります。
*アレルギーのある方には、その対応もしてくださいます。
*シーサイドホテル江戸川は、江戸川区の所有し、
ホテルオークラが運営していますので、
お料理はとても美味しいと言われてます。