【お伊勢さん参り】事業繁栄祈願!

ある方から、今運気が上向きだから6月中にお伊勢さんに行って来るといいと言われて…祈願参りに行く事に…《正しいお伊勢参りの仕方》のブログを参考にして、始発の新幹線で1時間41分、一路名古屋まで行き、そこから近鉄特急鳥羽行きに乗り換えて1時間26分《伊勢市駅》下車!

伊勢市駅からは、三重交通のバスを使って移動することに…《正しいお伊勢参りの仕方》によると外宮(豊受神社)からお参りして、内宮(天照皇大神宮)をお参りするのが正しいとのことなので、まずは《外宮前》でバスを降りて…いざ外宮に…

外宮は、天照大御神様のお食事を司り産業の守神で豊受大神宮が正式名称、お米の豊作を叶える衣食住を司る神宮です。

まずは、外宮でご祈祷していただく…朝一なので、私ともうお一方の2人だけで厳粛なるご祈祷が始まる…

初穂料10000円で大御饌と御神楽…雅楽の調べと共に雅な舞を奉納して頂けた。

続いて、三重交通のバスに乗って内宮に移動します。

こちら、五十鈴川にかかる橋を渡って、いよいよ内宮に向かいます。

内宮は、正式には『神宮』いい、皇室の御先祖であり太陽にもたとえられる【天照大御神】をお祀りしています。

こちらでも、御祈祷をお願いして…順番を待つ事に(少々時間があったので、内宮の社殿を先にお詣りしてくる

御祈祷を受ける、社殿に向かう途中に不思議な色の石がありました。

こちらでも、初穂料10000円で大御饌と御神楽…外宮よりも大勢の祢宜の方々と御巫の方々にご丁寧な雅な舞と共に御祈祷を頂けた。ここまでで午前中が終わる。

さて、ここから目指すのはあのTVチャンピオンまずは、五十鈴川駅から宇治山田まで移動

ここから、四日市あすなろう鉄道に乗って移動しました。

なんだか、トトロの映画に出て来たようなかわいい電車は、座席の向きが変わらないので、後ろ向きのまま電車は走り出した!(初めての経験)

駅から歩いて8分ほど…こちらが【夢菓子工房ことよ】岡本伸治先生のお店です。

ことよさん、名物の【みたらし団子】お店の中でも食べられるようになっていました。
そして、不思議な事に遠く離れた三重県四日市市まで来て、岡本先生の先生と言われる水沼先生をご紹介いただくと、水沼先生は我が家から車で5分ほどの所にお店があるお方でした。不思議なご縁を頂きました。

この後、岡本先生に名古屋駅まで送って頂き帰路に着きました。
お伊勢さんのお力を頂き、ますます努力し精進して行きたいと思います。