6月23日開催【彩りま書】

令和元年、初めて講座を担当して頂きました
浦  玲子先生の【彩りま書https://kazarimasho.jp/が開催されました。

顔彩を使って、筆で季節の文字を練習します。墨と違って筆の伸びがいいので、小さなお子さんでも、とても良い味わいの文字が書けました。

自分たちのイメージする【夏】の色を顔彩で書きます!

大人は、ちょっと優しい文字で…挑戦です!下手な字も、なんとなく上手に見えるかな…

そして、講座の終盤は《うちわ》に絵と文字を書きました!先ずは、半紙に練習してからうちわに挑戦です!

うちわの骨のデコボコが…悪戦苦闘で迷っていても仕方ない…一気に書き上げちゃいました。最後に篆刻の印を和紙に押して、貼り付けたら完成‼︎

涼やかな風を皆様に届きましたら幸いです!

補足、渦巻きの渦の幅が同じ幅で書けなくなったら、直ぐに病院に行って検査して下さい…と、認知症になるとこの渦巻きの渦がキレイに書けないそうです!そろそろ危ないかも(笑)

 

今年もやって来た、和菓子職人!

今年も三重県四日市市より夢菓子工房ことよの岡本先生が、装爽ネットワークの皆様のためにお忙しい中を駆けつけて下さいました!

今年も小さいお子様とお父様が揃って和菓子職人に挑戦です!

今年は、6月のお菓子『水無月』と練り切り《スヌーピーかすみっこくらしのしろくまと牡丹の花かよひらの花》に挑戦しました

水無月は、本来なら6月30日に夏越しの祓いに無病息災を願って、氷に見立てた白の外郎地に大納言小豆を散らして邪気を祓う為に食したお菓子です。近頃は6月に入ると三角形の水無月がお店に並びはじめます。皆さん、この水無月のお菓子をたくさん食べて夏越しの大祓をしましょう!

第1回子どもクラブ《朗読は楽しい!》

5月26日 新松戸市民センターにて

和服の出で立ちで、紙芝居から始まった朗読の回は、《クレヨンさん》ことながのいくお先生に子ども達も食い入る様に聴いていました。

紙芝居の後は、『こぶたのプーちゃん』を子ども達とお母様たちも参加して朗読劇に挑戦です!あらすじを読むお子さん、プーちゃんのセリフを読むお子さん、お母さんのセリフを読むお母さん、擬音語だけを上手に読むお子さんなど…皆さんが少しずつ読んで一つの絵本を朗読劇しました。

素晴らしい朗読の講習でした。次回も楽しみです。